後で肌トラブルになることも

脱毛後の肌トラブルとして、肌の腫れや赤みがあります。これは光を照射したときに皮膚でも吸収されて熱を持ち、炎症を起こしている状態です。出力の低いサロンのフラッシュ脱毛では起きにくいですが、出力の高い医療レーザー脱毛では起きる確率が高いです。また、針脱毛でも針から毛穴周辺の皮膚に熱が伝わるので起きやすいです。一時的なものであり、一週間程度で治りますが、しっかりと冷却を行い、皮膚が乾燥しているので保湿も必要です。症状が酷い場合、火傷を起こしている可能性があるので施術を受けたところに申し出るか、医療機関で診てもらいます。
色素沈着が起きることもあります。脱毛後の皮膚はダメージを受けており、刺激に弱くなっています。この状態で紫外線を受けるとシミなどの原因になります。これは紫外線対策を行うことで防げます。
毛嚢炎になることもあります。これは毛穴に雑菌が入って炎症が起きるもので、脱毛後の毛穴周辺が不潔になっていると起きやすいです。施術後に痒みがあり、爪で掻いてしまうと雑菌が入り込むので注意します。毛抜きやカミソリなどの自己処理でも起きるものであり、心配する必要はありませんが、数が多い場合やすぐに治したい場合は医療機関で薬を処方してもらいます。

コメントは受け付けていません。